医療レーザー脱毛なら大阪心斎橋のスキンクリニック亜門|二重まぶた手術・プチ整形

ご予約・お問い合わせ

【完全予約制】0120-88-7357 受付時間:10時~19時


目・二重まぶた

「目」は人の印象付けの中で、最も大きく影響を与える重要なパーツだと言えます。それ故に、二重まぶたの手術は美容外科業界においても、最もポピュラーな施術になっています。日本人の特徴のひとつである <一重の目> や <蒙古ヒダ> は、やや表情が暗いという印象を人に与える事が多いようです。顔の表情を大き左右する二重まぶたの手術には高度な技術とデザインセンスが必要となります。スキンクリック亜門では、お一人お一人の目の特徴をしっかりと踏まえ、ご希望やお悩みなどを充分にお聞きし、入念なカウンセリングとシュミレーションを行い、貴方に最適の施術を提案致します。

埋没法

埋没法について

「二重まぶた」の施術において、最もスタンダードといえる施術のひとつです。瞼の皮膚を医療用の極細糸で留める事により、美しい二重のラインを創っていく事が可能となります。メスを使う事もございませんので患者様へのリスクも非常に低い施術です。

埋没法の特徴

「一重まぶた」がコンプレックスで、アイプチなどで二重まぶたを形成されている方は、世間一般において少なくありません。しかし、アイプチによる形成では日によってラインが違ってきてしまったり、毎日の接着剤の塗布により、瞼の皮膚に負担がかかってしまい、かぶれてきてしまう事も多々あります。この様な状態を長期的に続けてしまうと、瞼のたるみを早期に生じさせてしまう要因にも繋がります。埋没法であれば糸を埋め込むだけの施術となりますので、瞼に負担をかけてしまう事も非常に少ないと言えます。左右の目の二重の幅が違うという様なお悩みを抱えておられる患者様にも対応させて頂く事が可能です。

施術方法

術前にブジーという針金状の器具を上眼瞼の皮膚に押し当て、最も美しい二重まぶたのラインを決定していきます。ブジーを当てる幅を変化させながら、ご希望のラインをシュミレートするのと同時に、実際の皮膚にラインを仮定することでラインが自然なものであることを確認します。二重のラインが決定したら、極細糸をまぶたの中にループ状に埋没させ固定します。糸を埋め込ませるだけの施術となりますので傷跡も残りません。

施術後のケア

抗生剤の入った目薬を点眼し、術後3~5分ほど患部をアイスノンで冷却します。その後、患部に化膿止めの軟膏を塗りケアします。服薬(抗生剤、痛み止め)も処方いたします。

麻酔について

局所麻酔にて痛みをブロックしていきますので、手術中にストレスを感じることはほとんどありません。

腫れについて

手術後、若干の腫れは生じますが、3日~1週間程度でおさまりますのでご安心下さい。

施術時間

15分程度になります。

施術後のケア、通院・入院

基本的に通院・入院の必要はなく、術後日帰りしていただけます。術後、定期的な検診の必要はありませんが、経過が気になられるようでしたらご希望に合わせて検診させていただきます。

即日治療の是非

カウンセリング後、当日施術をご希望であれば予約状況を確認した上で行うことも可能です。

処置が出来ない場合

眉毛挙上の癖が強かったり、アイプチによる皮膚のかぶれが生じている場合には当日の処置はできない場合があります。

埋没法の施術の流れ

1. カウンセリング

カウンセリングの際は、二重の幅、形状など患者様のご希望を伺いつつ重瞼棒によるシミュレーションをおこなっています。
手術の流れや術後のケア等についてもご説明させて頂きますので、わからないことがあったら何でもご質問ください。

2. デザイン

顔の各パーツとのバランス、皮膚や脂肪等の厚さなどを考えたイメージをご提案し、
カウンセリングにてお伺いした患者様のご希望をもとに目元のデザインを行います。
カウンセリングの際にお聞きしたご希望のラインを確認します。
確認後、ご納得いただいた上で、手術の準備を開始します。

3. 手術

目元のデザインを行います。
手術中に痛みを感じる事が無い様に、局所麻酔を行います。
麻酔が効いてきた段階で手術開始となります。
細い特殊な糸を使い、瞼の裏側から、二重まぶたのヒダを作りたい線に沿ってまぶたを固定していきます。
手術にかかる所要時間は、おおよそ15分程度で終了します。
麻酔をかけているので手術の痛みはほとんどありません。

4. 治療後

まぶた以外の洗顔は当日から可能です。
シャワー・入浴については顔をぬらさなければ当日より可能です。
翌日以降は通常となり、メイクも目以外は可能です。
目元のメイクは3日目以降より可能です。
コンタクトレンズ着用の方は、できれば2日間は避けて下さい。
お帰りの際に抗生剤と痛み止めをお渡しします。
*施術後の抜糸は無いので通常通院の必要はございません。

5. アフターケア

手術後に腫れや痛みが気になる場合など、気になることがあれば、お気軽にご相談ください。
お話をうかがい、必要があるようでしたら、術後検診に来院いただきます。

ダウンタイム

シャワーでの入浴は手術当日から可能であり、湯船に浸かっての入浴も翌日から可能です。洗顔、メイクは3日目から可能ですが、洗顔はスクラブの入っていない洗顔剤を使用し、患部をこすらないように注意していただきます。アイメイク、コンタクトの装着は抜糸の翌日より可能になります。

全切開法

全切開法について

全切開法とはご希望の二重まぶたのラインに沿って瞼を切開する事により、二重まぶたを創る施術です。小切開法と同じように瞼に余計な脂肪がある為、埋没法での対応が難しい患者様や、よりハッキリとした二重まぶたのラインをご希望される患者様に適した施術です。

全切開法の特徴

瞼に脂肪が多く厚みのある方に対して、埋没法での施術を行った場合、二重瞼にしても腫れぼったさが残る可能性があります。また、たるみが生じている瞼はその重みにより、二重の幅がせまくなっています。この様な症状の場合には、瞼の厚みの原因になっている脂肪や、たるんで余計になっている皮膚を切除してあげる事により、美しい二重瞼を形成する事が可能となります。切開箇所が二重のラインになっていきますので、元の状態に戻ってしまう、またはラインが薄くなってしまうという心配がほとんどありません。瞼の皮膚は傷跡が綺麗に治りやすい部分でもあるので、後で傷跡が目立つという事はありません。

施術方法

ご希望の二重のラインに沿って約2~3センチ程度を切開します。その際に腫れぼったい瞼の患者様に対しては脂肪を、たるみが生じている患者様は余分な皮膚を切除する事で、理想のラインを創り出します。切開した部位は髪の毛より細い糸で細かく縫合していきますので、手術後も糸が目立つことはありません。

施術後のケア

抗生剤の入った目薬を点眼し、術後3~5分ほど患部をアイスノンで冷却します。その後、患部に化膿止めの軟膏を塗りケアします。内服薬(抗生剤、胃薬、痛み止め)も処方致します。

麻酔について

局所麻酔にて痛みをブロックしていきますので、手術中にストレスを感じることはほとんどありません。

腫れについて

手術後、多少の腫れが生じてしまい内出血する場合もありますが、1週間程度でおさまりますのでご安心下さい。

施術時間

1時間程度になります。

施術後のケア、通院・入院

入院の必要はありませんが、術後1週間前後に抜糸のために通院していただきます。

即日治療の是非

術前の血液検査が必要になりますので、基本的にはカウンセリング直後の施術は行えません。

処置が出来ない場合

眉毛挙上の癖が強かったり、アイプチによる皮膚のかぶれがある場合には当日の処置はできない場合があります。

ダウンタイム

シャワーでの入浴は手術当日から可能であり、湯船に浸かっての入浴も翌日から可能です。洗顔、メイクは3日目から可能ですが、洗顔はスクラブの入っていない洗顔剤を使用し、患部をこすらないように注意していただきます。アイメイク、コンタクトの装着は抜糸の翌日より可能になります。

目頭切開法

目頭切開法について

目が小さく、離れて間延びしたような印象を与えてしまうというお悩みは、「蒙古ヒダ」と呼ばれる東洋人特有の目頭の形態が大きな原因と言えます。目頭切開法とは、その蒙古ヒダをカットする事で、目を大きく見せることが可能となり、より立体的で美しい目元を創る事ができる施術です。

目頭切開法の特徴

蒙古ヒダとは瞼の上下の皮膚が引っ張られる事が原因で、ヒダ状になっている状態のことを言います。蒙古ヒダがある方は、二重まぶたの方でもラインが表に出ないため平行型の二重にはなりにくくなっていると言えます。この蒙古ヒダを切除してあげる事により、二重のラインをよりいっそう表に出し、はっきりとした二重まぶたにすることができると同時に、広く感じられていた左右の目の間隔をシャープに見せることもできます。一重まぶたの方は、埋没法や切開法と組み合わせる事により、効果的にパッチリとした美しい目元を創ることができます。

施術方法

目頭切開の代表的な施術方法としてはW形成法(内田式)とZ式形成法があり、これらの方法で目頭の蒙古ヒダを切除していきます。切開する角度や長さは、ひとりひとりの目の形や顔のバランスに合わせデザインすることが重要であるためその方のまぶたの状態を考慮したうえで最適の切開方法を選択していきます。切開部位は髪の毛よりも細い糸で細かく縫合しますので、手術後でも縫合糸が目立つことはありません。

施術後のケア

抗生剤の入った目薬を点眼し術後3~5分ほど患部をアイスノンで冷却します。その後、患部に化膿止めの軟膏を塗りケアします。内服薬(抗生剤、胃薬、痛み止め、止血剤)も処方いたします。

麻酔について

局所麻酔にて痛みをブロックしていきますので、手術中にストレスを感じることはありません。

腫れについて

手術後、多少の腫れが生じ内出血する場合もありますが、3日~1週間程度でおさまりますのでご安心下さい。

施術時間

30~45分程度になります。

施術後のケア、通院・入院

入院の必要はありませんが、術後1週間前後に抜糸のために通院していただきます。

即日治療の是非

カウンセリング後、当日施術をご希望であれば予約状況を確認した上で行うことも可能です。

処置が出来ない場合

基本的に処置ができない場合はありません。

ダウンタイム

シャワーでの入浴は手術当日から可能であり、湯船に浸かっての入浴は翌日から可能です。洗顔、メイクは3日目から可能ですが、洗顔はスクラブの入っていない洗顔剤を使用し、患部をこすらないように注意していただきます。アイメイク、コンタクトの装着は抜糸の翌日より可能になります。

  • ご予約・お問い合わせ